よくあるご質問

飛行機の飛ぶ方向が違うときがあるのはなぜですか?

飛行機というのは風に向かって離着陸するようになっていて、追風が強い場合は安全な飛行に支障となる場合があるので、風向きや風の強さによって離着陸する向きが変わるのです。
大阪国際空港は、滑走路が2本あり、通常は北寄りの風が吹いているので、北西方向(伊丹市・川西市側)へ離着陸していますが、南寄りの風が10ノット(5m/秒)以上吹く場合は、南東方向(豊中市側)へ離着陸することになっています。

一覧に戻る

大阪国際(伊丹)空港(国内線のみ)

ここは大阪国際(伊丹)空港(国内線のみ)のWEBサイトです。
※国際線については関西国際空港をご覧下さい。

closeclose