保安検査のポイント

保安検査のポイント

保安検査場での検査が強化されました

保安検査は、飛行機に持ち込む手荷物や乗客の方が身に付けているものに、爆発・発火のおそれのあるものや、燃えやすいもの、有毒物質、凶器になり得るものなどの危険物がないかを確認しています。2019年から保安検査が強化されましたので、保安検査をスムーズにご通過いただくためのコツをご紹介します。

保安検査場の締切時刻は20分前

国内線では多くの航空会社で、保安検査場通過の締切時刻が出発時刻の20分前に繰り上げられました。
空港には余裕をもってお越しください。

出発時刻の20分前までにご通過ください。
出発時刻の20分前までにご通過ください。

保安検査のポイント

01 上着も検査必須に!脱衣のご準備を。

コート、ジャケット、パーカー、カーディガン等の上着が検査の対象となります。上着を脱ぎ、トレイに入れて検査を受けてください。事前に脱衣の準備をお願いします。

上着(羽織りもの)は。トレイに入れて検査を受けてください。
上着(羽織りもの)は。トレイに入れて検査を受けてください。
02 靴も検査対象に!履き替えのご準備を。

安全靴、厚底靴、ブーツ、金属などの装飾が多い靴、くるぶしを覆う靴等は検査が必要です。対象となる靴は専用のトレイ入れて検査を受けてください。スリッパへの履き替え準備をしていただくと検査がスムーズです。

スリッパに履き替えて検査を行います。履き替え準備をお願いします。
スリッパに履き替えて検査を行います。履き替え準備をお願いします。
03 金属類・電子機器はトレイに。

金属探知機を通過するとき、身につけていてはいけないものは、トレイに入れてチェックを受けてください。

  • スマートフォン、携帯電話、時計などの電子機器類
  • 財布、小銭入れ
  • アクセサリーなどの金属類
  • そのほかの金属類(鍵・デジタルカメラ・小物など)
  • バックルなど大きな金具や金属の装飾の付いたベルト
身につけて通貨できません。トレイに入れて検査を受けてください。
身につけて通貨できません。トレイに入れて検査を受けてください。
04 かばんから取り出しトレイに。

かばんの中にこれらの物を入れたままX線を通してしまうと、かばんの中を再検査する必要があります。スムーズに通過するためには、事前にかばんから取り出し、トレイに入れておきましょう。

  • PC、タブレット、大型バッテリーなど電子機器全般
  • 虫除けスプレー、ヘアスプレー
  • ライター(持込不可のライターもありますが、1本までOK)
  • ヘアアイロン、コテ(ガス式の場合は、1人1個まで)
  • 液体類(未開封であってもチェックが必要)
かばんから取り出しトレイに入れて検査を受けてください。
かばんから取り出しトレイに入れて検査を受けてください。
05 未開封のお飲み物も検査対象に!

ペットボトル、タンブラー、水筒などの飲料を機内手荷物としてお持ち込みになる場合は、未開でも検査が必要です。事前にかばんから取り出し、トレイに入れておきましょう。

かばんから取り出しトレイに入れて検査を受けてください。
かばんから取り出しトレイに入れて検査を受けてください。
06 機内に持ち込んではいけない「危険物扱い」の検査

ナイフやハサミなどの凶器となり得るもの、爆発物の検査です。
検査員による体に触れての検査のほか、爆発物の検査装置を使った検査が2019年より追加されています。

ハサミ、カッター等の刃物

機内持ち込み
お預け入れ

機内へお持ち込みいただけません。手荷物カウンターにてお預けいただくか、放棄をお願いします。

ナイフやはさみ類、先の尖ったもの、バット類、工具類は持ち込めません。
ナイフやはさみ類、先の尖ったもの、バット類、工具類は持ち込めません。

ライター

種類によって異なります。オイルタンク式ライター、葉巻用ライター等もガス式ライター同様に、お持ち込みもお預かりできませんので、ご注意ください。

喫煙用ライター 機内持ち込み 1点まで〇
お預け入れ
ガス式ライター※ 機内持ち込み
お預け入れ

※青色の炎や強力な炎を出すライターのこと。

ライターは種類によって持込の可否が異なります。ご注意ください!
ライターは種類によって持込の可否が異なります。ご注意ください!

スプレー缶

機内持ち込み
お預け入れ

化粧品類、医薬品類に限り、1容器0.5kgまたは0.5リットル以下のものは、1人あたり2kgまたは2リットルまでお持ち込み可能です。ただし、「火気と高温に注意」と本体に書かれたスプレー缶はお持ち込みもお預かりもできませんので、ご注意ください。

化粧品類や医薬品類以外のスプレー缶は、持ち込みできません。

危険物の持ち込みについて(国土交通省ウェブサイト)

危険物を機内に持ち込まれた場合は、航空法違反による罰則(50万円以下の罰金)が課せられる場合があります。必ずルールを守り、安全安心にご協力ください。

動画でチェック

スムーズな検査のために、ご利用前のお願いを動画にまとめました。

よくあるご質問

Q未開封のペットボトル飲料でも検査が必要ですか?

未開封でも検査が必要です。かばんから取り出しトレイに入れて通過してください。

Qカーディガンも検査対象ですか?

洋服の形や生地の素材にかかわらず、前がジッパーやボタンなどで開くもの(開いているもの)は上着となり、検査の対象になります。脱いでトレイに入れて通過してください。

Q上着が脱げない事情がある場合はどうしたらよいですか?

ご事情のある場合は、お近くの検査員にお申し出ください。

Q履き替え用スリッパの衛生管理が心配です。

履き替え用のスリッパは、抗菌処理がされているものを使用しています。また使い捨てのスリッパも置いておりますので、ご希望の方はお近くの係員にお申し出ください。

Q車椅子の場合、どのような検査を受けるのでしょうか?

車椅子に使われている金属製パーツが、金属探知器に反応する場合があるため、検査員は他の方法により検査をさせていただきます。
金属製パーツを使用していない車椅子をご利用の場合は、車椅子にお乗りになったまま、金属探知器による検査を受けることが可能です。

Q現在妊娠中です。体への影響はありますか?

金属探知器は、電磁波を使用して金属製の有無を探知するものです。 X線等の放射線を照射するものではありませんので、。母子ともに影響を与える可能性はないと考えられています。ご心配のある場合は、お近くの検査員にお申し出ください。

Q心臓ペースメーカーを利用しています。保安検査を通過できますか?

心臓ペースメーカーや、金属製の固定具(ボルト、金属プレート、ワイヤー、人工関節等)がお体に入ったお客さまは、金属探知機に反応する場合がありますので、保安検査実施前にお近くの係員にお申し出ください。 検査は、接触検査を行う場合もございますので、保安検査係員の指示に従ってください。